nonchan SOFTのホームへ「必勝法」
更新日:1998年7月25日

「電撃麻雀遊戯 必勝法」 by yoke

まずモードの違い。
これはセーブデータを見れば一目瞭然ですが、私は「8戦モード」派です。
というのもこのゲームの要となる「ダブルスコア」が、入手しやすいからです。
100連戦モードでは「体験記」によると“5連荘”(5回連続上がり)じゃないと
もらえないようですね。8戦モードなら「流局含む5連荘」でもらえます。

次に重要となるのは「配牌チェンジ」と「comオープン」です。
ただし8戦モードでの攻略なので100連戦とはたぶん戦い方が違うと思います。

「配牌チェンジ」はAyrton Kazuさんとは違い、まさに「手が悪いー」ときの
救世主です。親は絶対死守です。100分の15の確率で来る積み込みは
なかなか来ません。それなら親を続けることは大変重要です。
確かにホンイツ・チンイツ一色手系を行うことは、「配牌チェンジ」ゲットのために
非常に有効なのですが、悪い手のときに使わないのは本末転倒です。
親が流れたら意味がないのです。そもそも「配牌チェンジ」は「満貫以上」なら
入手本数など全く同じなのです。クイタンドラ3でもいいというわけです。
悪い手のときは「タンヤオ」系。しかも唯一の赤ウーピン、ピンズの5を絡ませる
のがミソです。それで満貫を狙うのです。

また「comオープン」も重要です。
親を流さないことは全ての基本です。したがって相手がリーチなんかして
きたら・・・使うしかないですよね。
そしてこの「comオープン」ゲットのためには「リーチ」しかありません。
Ayrton Kazuさんはリーチしない、と言ってましたが、私は「リーチかける」派
です。ただし待ちが最低両面、しかも早い巡目のときだけです。
また追っかけは絶対しません。

ホームページの「思考法」の項目に書いてある通り、コンピュータは「ダマ」
はしません。ハイテイの時だけです。
だから相手が「追っかけ」をしてきたときだけが怖いのです。
経験上、コンピュータのリーチは少ないように思います。
そしてコンピュータの「ツモ」。こればっかりは自分がリーチしてるかどうか
なんて関係ないです。
だから「リーチ」することは重要だと思います。

次に親が流れた時の対処です。

流された時の自分の状態を見ます。
もしそのとき、コンピュータに「安め」を上がられ、「ダブルスコア」「comオープン」
が手に残ってるのなら速攻流して下さい。クイタンなんかで。
が、満貫以上を上がられ、手元にそれらが無い状態なら相手が5連荘するまで
何もせずひたすら耐えましょう。5連荘したら気合い入れて下さい。
ここですることは「リーチをかける」「満貫以上」が絶対条件です。
そしてその条件を満たして上がれば「ダブルスコア」「comオープン」「配牌チェンジ」
が一挙にもらえます。とりあえず次の自親につなげます。

ここで「相手が5連荘するまで何もしない、ってそれじゃ点棒が減ってくじゃねーか」
という疑問が生じるかもしれません。
が、このゲームの妙で相手に親満・親ッパネいくら上がられようと、こっちが次の
親で1回積み込みを上がれば全てチャラです。

最後に。
このゲームは「超インフレ麻雀」ということです。
3ハンも満貫も3倍満も、積み込みで来る4倍役満から見たら全く意味ないです。
またその積み込みが来ない限り、絶対にハイスコアはムリです。
ですからその積み込みの最大限活用、そのためには「親の死守」が全てだと
思ってます。

皆さんもこういった自分なりの攻略法を見つけて、がんがんハイスコアランキングに
応募して300万点オーバーの世界で争いましょう!(^^;

ハイスコアを記録するコツへ戻る

nonchan SOFT / GBD00706@nifty.ne.jp