nonchan SOFTのホームへハード製作記「第8回目」

連載「第8回目」キーを配線しよう(その2)
前回スイッチ配線を終了した基板にキーボードから取り出した基板を接続しましょう。
前回のキー配置とマトリックスを参照しながら、慎重に配線しましょう。
上記写真は接続後のものです。自作ですから体裁は考えていません。
電気的接続のみ正しければよいでしょう。
ケーブルを取り出す部分は、抜けないように補強しておきましょう。
スイッチだけの基板だけでは、実使用に耐えられないので、上図の部品で補強しましょう。左からスペーサ、ゴム足、1mmのアクリル板です。
キーの基板にスペーサを取りつけてアクリル板で配線とIC基板を挟み込んじゃいました。ちなみにスペーサは15mmです。うまく基板が入りました。
とりあえず、上図のように、なんとか動作するキーボードが出来ました。
早速、接続と行きたいところですが、その辺は次回にとっておきましょう。
この「デンゲキーボード」は「Ver.1.86」以降のソフトでないと効果的に使用出来ませんので、ご了解下さい。
さて次回はテストの模様などをお伝えします。次回もご期待下さい。

ハード製作メインへ戻る

nonchan SOFT / GBD00706@nifty.ne.jp