nonchan SOFTのホームへハード製作記「第6回目」

連載「第6回目」キーを配置しよう
前回のスイッチ部品について、上記写真のものに変更しました。
スイッチ部分にキートップが付いていて、クリア樹脂をはずせば、字が書き込めるものです。最終的には、ここにプリンタで印刷した文字をはめ込むことにしましょう。
別にこだわりはありませんが、ちょっと凝ってみました。(現在、こんな部品なかったら許してね。ちなみに私は自分のジャンク部品の中から探しました。)
さて、キーをどう配置するか検討しましょう。
現在作製中の新バージョンでファンクションキーにダイレクト操作を割り当てていますので、私は次のように配置しました。
「−」はキーはあるけれども未接続の部分です。今後の拡張にご期待下さい。
下段が捨牌選択、右側がナキ、リーチ、上がりなど、中段がダイレクト操作用、上段がメニュー選択用です。
ESC - ALT LEFT DOWN RIGHT                        
F2 F4 F5 F6 F7 F8 F9 - F12 - - - ENT SP   1 2 3
A B C D E F G H I J K L M N   6 4 5
上記のようにすれば、とりあえずキーは40キーで、そのうち35キーを使用します。
次の写真は作製中のキーの様子です。まだ2列しか取り付けていません。
私と同じキーを上記のように並べるには、幅245mmの穴開き基板が必要です。
ということで、今回はここまでにしましょう。
(すいません、前回予告の配線まで出来ませんでした。)
次回は、いよいよ配線して操作の実験をしましょう。(あくまで、予定ですが・・)

ハード製作メインへ戻る

nonchan SOFT / GBD00706@nifty.ne.jp