nonchan SOFTのホームへハード製作記「第5回目」

連載「第5回目」キーの配線を関連づけよう
前回のフィルムの配線について一部のキーを追加しましたので、もう一度追加キーを含めて配線の表を掲載します。
ファンクションキーにダイレクト操作を割り当てるように、今後「電撃」ソフトを変更しますので、そのキーを追加しました。
端子番号 1 5 7 9 15 17 19 26
4   ESC 1 2 3 4 5 6
8     E         I
10 D F G H J K L  
11             C  
12 B N M          
13         ENTER DOWN A  
14 F6 F7 F8 F9        
20     UP     LEFT RIGHT  
21   SPACE   F1 F2 F3 F4 F5
25             ALT  
次に、IC基板の端子とフィルムの端子番号を関連付けましょう。
連載「第3回目」の記事を参照しながら、慎重に行いました。(大げさな!)
IC基板のICピン番号 10 11 12 13 14 15 16 17 -- --
フィルムの端子番号 1 5 7 9 15 17 19 26 -- --
IC基板のICピン番号 38 36 34 33 32 35 30 27 31 23
フィルムの端子番号 4 8 10 11 12 13 14 20 21 25
上記のような接続になるはずです。
さて、次回はキーのマトリックスの部分を実際のスイッチで配線しましょう。
スイッチの部品に何を使用するかですが、パーツ屋さんに売っている安いプッシュスイッチで良いのではないでしょうか。
好みは分かれると思いますが、それしかなかったものですから。
こんな部品です。ということで、「次回」に続くのであります。

ハード製作メインへ戻る

nonchan SOFT / GBD00706@nifty.ne.jp