nonchan SOFTのホームへハード製作記「第4回目」

連載「第4回目」フィルムスイッチの配線を調べよう
これが、フィルムスイッチの全貌です。配線チェックしましたので赤のマジックでトレースされています。(すいません!)
このフィルムを必要なキー(「電撃麻雀遊戯」で使用する分)だけ、テスターで配線確認を行いました。
全キーしても使わないので必要分だけにしています。後日キーの追加があることも予想されるので、このフィルムは捨てないように、保管しておいて下さい。
今回のフィルムの端子に写真のように、左側より暫定的に通し番号をふって、配線チェックしています。(後日IC基板の端子と関連付けします。)
端子番号 1 5 7 9 15 17 19 26
4   ESC 1 2 3 4 5 6
8     E         I
10 D F G H J K L  
11             C  
12 B N M          
13         ENTER DOWN A  
20     UP     LEFT RIGHT  
21   SPACE   F1        
25             ALT  
配線は上記表の通りとなりました。これだけのキーで「電撃」が出来るはずです。
次回はいよいよ、スイッチ基板の試作へ突入する予定です。
が、年末年始のため、どこまで出来るかわかりません。(すいません!)
と、いうことで1998年はここまで、次回の連載は「1999年」へ続くのでした。

ハード製作メインへ戻る

nonchan SOFT / GBD00706@nifty.ne.jp