nonchan SOFTのホームへハード製作記「第9回目」

連載「第9回目」とりあえず動かしてみよう
とりあえず完成したキーボードの操作割付です。
下段の「A」−「N」がツモ、捨牌ダイレクト操作用ボタンです。
まるでゲーセン並の操作が可能です。(マウスのほうが良いなんて言わないで。)
次に中段の左側のファンクションスイッチについてです。
「F2」=ゲームスタートです。ゲーム起動後のタイトル表示時に押します。
「F4」=自動モード開始・終了ボタンです。
「F5」=ドラルーレット、「F6」=ラスツモチャンス、「F7」=ハイパイチェンジ、
「F8」=ダブルスコア、「F9」=comオープンのそれぞれのイベント棒操作がダイレクトに出来ます。
「ENTER」「SPACE」はキーボーでの使用と同じです。(マウスの「左」「右」クリックにも対応します。)
右側のボタン「ポン」「チー」「カン」「ポンヅケ」「リーチ」「ツモ・ロン(上がり)」は
それぞれ、ゲーム中画面右上に表示される操作ボタンがダイレクトに使用出来ます。
上段の「ESC」「ALT」「<」「V」「>」はゲーム中メニュー操作をしたいときに使用して下さい。
以上のボタンでゲーム中は何も支障なく動作出来るはずです。
この「デンゲキーボード」は外付けキーボードのポートに接続します。(実際にはデスクトップタイプのパソコンを所有していないので、間違っているかもしれません。)
で、ノートタイプの方(私の場合です)は、マウス・キーボード共用ポートしかないはずです。「デンゲキーボード」を接続すればマウスが接続出来ませんので、必ず上図のような「マウス・キーボード分配アダプタ」が必要です。(これがないとマウス操作が出来ないと、「デンゲキボード」が責められますので。)
さて、ゲームをする前にパソコンに分配アダプタを接続し、「デンゲキーボード」「マウス」を接続しましょう。(ちなみに私のパソコンはどこで抜き差ししても動作に問題はありませんでした。)
皆さん、どうです快適に操作出来ましたか。(誰も作ってない?そりゃあかんで)
特に子供さんのおられるご家庭では、パソコン本体のキーボードをむやみに操作されず、この「デンゲキーボード」で麻雀ゲームが出来るのではないでしょうか?
さて次回はキートップ表示など仕上げに入りましょう。次回もご期待下さい。

ハード製作メインへ戻る

nonchan SOFT / GBD00706@nifty.ne.jp