nonchan SOFTのホームへ「電撃」専用周辺ハード製作記
更新日:1999年2月13日

このページで「電撃」専用周辺ハードの製作記を連載しています。
今回の製作は「電撃麻雀遊戯専用操作パネル」です。
名づけて「デンゲキーボード」(なんじゃそりゃ?)
連載「第1回目」「第2回目」「第3回目」「第4回目」「第5回目」
連載「第6回目」「第7回目」「第8回目」「第9回目」

連載「第10回目」感動の完成だ!!(たぶん、最終回!)
どうでしょうか。感動の完成です。
カラープリンタで打ちまくりました。キートップの印刷を見てください。
凝り過ぎと言われておりますが、判り易いように印刷しました。
早速、使用してみましたが、なかなかの操作性でした。
但し、日頃からマウスに慣れていましたから、少々戸惑うのも事実です。
もし皆さんのなかで私と同様に作製された方がおられたらレポートお待ちしています。(なに、誰も作っとらんのか!)
斜めからの姿、正面からの姿も拝んでおきましょう。
やっててわかったのですが、キーのチャタリング(専門用語か?)で、キーを何度も押してしまうことが、たまにありました。
キーはひとつひとつ慎重に押しましょう。
この「デンゲキーボード」は「Ver.1.86」以降からしか有効ではありませんので、よろしくお願いいたします。
さて、10回に渡った連載も今回を持ちまして終了させて頂きます。
長い間ありがとうございました。
毎回、お付き合い頂いた皆様に感謝いたします。
不明点、ご要望などありましたらメールお願いいたします。
次回のネタを現在検討中ですので、その時にお会いしましょう。ではでは・・・・

ホームへ戻るへ戻る

nonchan SOFT / GBD00706@nifty.ne.jp